Home  | ビジネス技術実用英語大辞典 | サンプル Project Pothos


MENU

 

辞典サンプル

V5 辞典サンプルのデータファイル (V5が読めたらV6も同様に読めます)

サンプルデータはUnno5spl.zip ファイルです。 ダウンロードは次のリンクから。

 (a) [Unno5spl.zip](97KB. Win/Macに対応)

 (b) [Unno5spl_self.exe](160KB. zipファイルを開くツールを持たない方向け. Winのみ)

ダウンロードした zip ファイル (a) を展開するか、 (b) ファイルをWindowsで開く(実行する)と、
次のようなフォルダ構造の下に、7個のファイルが格納された形になります。

samplefiles.gif (9051 バイト)

これらのファイルをコンピュータ内ディスク上の任意の場所に置いてください。

このサンプルをEPWING辞書検索ソフトで閲覧するには、まず、検索ソフトで認識できるように、検索ソフトの辞書一覧にこのサンプルを登録します。ここでの登録とは、辞書データがどのフォルダに置いてあるかをEPWING辞書ソフトに記憶させるという意味です。 登録するには、各種検索ソフトの[辞書の追加]、[辞書をサーチ]、 [辞書グループを編集] などと呼ばれる機能を使用します。(Logophileだけは特殊で、LogophileDicManagerという別個のアプリケーションを起動して [辞書を追加] & [インデックス作成] してからLogophileDicManagerを終了します。また、DDwinのほうは、Windows 7以降で辞書を登録するには、登録操作のときだけ管理者権限でDDwinを起動する必要があります。) これにより、検索ソフトは、上図のCATALOGSファイルの場所と、CATALOGS ファイル内に記述された書籍タイトルを記憶します。 以後、検索ソフトでこの辞典サンプルを選択して検索することが可能になります。

以上の準備ができたら、英和見出し「sample」と、和英見出し「サンプル」をサンプルで検索してください(辞書を引くときのように)。検索結果を問題なく表示できたならば、それぞれの見出しのところに、サンプルデータでの確認事項など、説明文があります。

削除 サンプルデータを削除するには、EPWING辞書検索ソフトへの登録を削除し、次にハードディスク内の辞書データも Unno5spl フォルダごと削除します。